top of page
検索
  • yutaka sugata

更新日:1月16日

ぼくは、雪が好きだ。

積もった雪を見ると、自然と手が伸びる。

フワフワ、サクサクした感触がたまらない。

見慣れた景色が白い世界に一変するのにも興奮する。

雪上を歩くときのギュッギュッという音も楽しい。

素手に刺す冷たさからは、戯れた日々の遠い記憶が蘇る。


森田の家に来て1年。目に映る風景は季節や天候により、様々な顔を見せてくれた。

とりわけ、ここ弘川は自然の変化がはっきりと感じられる場所のように思う。


気温や景色にこんなにも変化を与えているのに、雪はただ静かに空から舞い降りてくる。

そして、町に降り積もる幾千もの結晶の小さな小さな現象は、その厚みを増すごとに雪の存在をぼくたちに教えてくれる。


そうやって、なんだかわからんけども、雪というのは、寒さとおセンチを、ぼくの元へと連れて来るんだなぁ…


(文:スガタ)

閲覧数:68回3件のコメント

最新記事

すべて表示

紅葉

bottom of page