検索
  • takeshi

上山の草刈り①

更新日:2019年11月30日

弘川寺の南の道を15分ほど登ったところに上山と呼ばれる田畑があります。3年ほど放置していたところなので3年分の草が生えています。まずは全貌を明らむるべく刈り払い機で草刈りを始めました。その前に、歩いて倒木や石がないかチェックします。土手の感じも大まかに把握しておきます。それでも石や倒木に当たって刈り払い機のチップソーが飛んでしまうこともあります。

長時間やってしまうと集中力が欠けて動きが雑になり危険なので、こまめに小休止をとります。その時にふと風を感じたり、静寂や、水の流れる音や、鳥や虫の鳴き声を体で感じます。ああずっとそうだったんやね。なるほど、そうかそうか。などと言いつつタバコをふかし寝転がってからまた草を刈ります。そんな感じでボチボチやっております。

ジャングルです!
セイタカアワダチソウとススキがいっぱい
とりあえず1番下の田を草刈りしましたが、川から土砂が流れ込んできていて山の土に3分の1ほど覆われていました。上の田の方がやりやすいよと村の人からアドバイスをもらい、上から刈っていくことに。それにしてもいったい何枚あるんだろう。

あぶが苦手なのであぶよけをしています。何回もこれを被ったまま水を飲んでしまいました。あぶはなぜか刈り払い機や車に集まってきます。熱に反応するのか、ガソリンの臭いに反応するのか。調べてみると早い動きに集まるらしいですね。なのであぶが近寄ってきてもそーっと逃げるのが良いそうです。手で払うといつまでもまとわりつかれます。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示